タグ:ダホン
ホームPage 1 / 212
2021モデルのK3限定カラーが急遽本日発売!?DAHON 14インチシリーズファンは要チェック!

珍しく深夜にこんばんは!

「さー寝るぞぉ♪」と思った途端、Twitterに流れてきたDAHONの新ニュースに、目がすっかり冴えてしまった、ぼっちトラベラー・mikoです。

 

 

 

 

 

DAHONのK3の限定色ですってオクサマ!!!

 

 

 

 

 

これ、いいなぁ…。

 

 

わたしの場合、普段の足としても使うので、2トーンカラーのように、あまりシャレオツでもちょっと使いづらいんだ…

 

 

わたしの現・愛車は『DAHON DoveUno(たぶん2018モデル)ですが、

 

 

 

 

これを購入した決め手の一つが、目立たない1カラーで、しかも黒っていうところだったので、今回の限定販売のK3のマットブラックカラーは、魅力的すぎるんですよねぇ…!

 

 

しかも、2021モデルなので、リクセンカウルのアダプターつけられる、ダボ穴、限定K3にもあるじゃーーーん!!!

 

 

 

DoveUnoのダボ穴↓

 

 

 

 

DAHON Dove 14インチシリーズはじめとするミニベロ折りたたみ自転車にカゴをつけるの巻(1)

 

2021モデルダホンK3にも使える!RIXEN&KAUL『ミニバスケット KM826』『オーバルバスケットKF082』の違いと比較

 

 

 

早いところでは、もう発売しているかも?

 

 

 

2020年9月30日(水)頃より、下に掲載しているDAHON正規代理店のみで販売を開始いたします。

 

 

 

ダホンの2021モデル自体、発表されてから日が浅いわけですが、K3が気になっていながら『色使いがちょっと…』っていう方には、潰しのきくマットブラックの限定K3は、なかなか狙い目な気がします。

 

 

数量限定販売らしいので、気になる方は公式ブログ↓に記載のある、取り扱い店舗にお早めにGOですよ!

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは!

ついに折りたたみ自転車のメーカーであるDAHONの、2021モデルの発表がありましたね!

 

いや、買わないよ?

今ある自転車を乗りつぶしてからじゃないと買わないよ??

 

と自分に言い聞かせている、ぼっちトラベラー・mikoです。

 

 

DAHON Dove i3 2021モデル来たら、ヤバかったかもしれんけど…(ボソリ)

 

 

 

 

ダホンやターンの2021年モデルは、小径車にめちゃくちゃ強い自転車屋さんのベロキッチンさんの記事がさすが、わかりやすいです。

 

 

 

 

うっすら噂にはなっていましたが、2021モデルのダホンの14インチシリーズ。

K3・DovePlusともに、ダボ穴改め、ラゲッジトラス(DAHON純正のカゴ設置用アダプターパーツ)やリクセンカウル(こっちのほうが付けれるカゴやバッグの種類が盛りだくさんなので断然おすすめ!)のアダプターを取り付けるソケットがあります!

 

ついに噂ではなく、ダボ穴付き確定は嬉しい!

っていうか、ダホンの2021モデル、ダボ穴付き多いな!?

 

 

 

まあ、しかし、ダボ穴あらためソケットに、アダプター付けるとちょっと…な見た目で躊躇される人もいるでしょう。

実際、14インチでダボ穴付きの古き良き?車種である2018モデルのDoveUnoを現在愛用している身からすると、アダプター設置後の愛車は、

 

 

 

 

『 ン、ン~~ン? カブトムシかな~~ア??? 』

 

 

的、たたずまいになることは否定できません。

 

 

しかし! しかしですよ!?

14インチミニベロの普段の足レベルが格段にアップしますよ、カゴあるだけで!!!

 

 

コンビニ行くときとか、パン屋さん行くときとか、買い食い系ポタには断然カゴ付きですよ!!!

 

 

 

 

※参考:カゴのある図↓

 

 

 

※DAHON14インチシリーズの、主にリクセンカウルを自転車初心者でもこんなふうに使ってますよ~的な記事はコチラ

 

 

 

で、前置きが長くなりましたが、本日の本題。

 

 

 

 

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)

『ミニバスケット KM826』

『オーバルバスケットKF082』

この2つの使用感と使い勝手とは!

 

 

 

 

について、DAHON DoveUno使用者のリアルな感想について、今日はお話しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●見た目含めて普段使いのバランス良し!ミニバスケット KM826

 

 

『RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ミニバスケット KM826』

 

created by Rinker
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
¥5,461 (2022/12/06 17:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ミニベロと言われる小径車のなかでも、14インチタイヤのダホンk3等のDoveシリーズ。

一番違和感なく、外見がおさまってくれるのは『ミニバスケット KM826』ではないかと思います。

 

 

日常のスーパーの買い出しに…となると力不足ではありますが、コンビニに行く、ちょっと買い忘れたものを入れる、ポタリング…ぐらいなら、対応できる大きさです。

 

 

 

 

大きさがイメージしやすいよう、箱テッシュをいれてみました。

 

 

 

 

 

お弁当くらいだったら、サイズにもよりますが、収まり良さそうですね。

 

 

 

 

 

箱テッシュなしの底の面。メッシュの目が細かいので、カゴの隙間から、物が落ちてしまったり…といった心配は、ほぼありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カゴの背面についているアダプターの位置は上下、ネジ穴にあわせて調整ができるので、ご自身の好みの高さにできます。

 

 

 

 

 

 

以前、週イチで生鮮食品をスーパーに買い出しに行っていた頃は、次に紹介する容量の大きい『オーバルバスケットKF082』を使っていたのですが、今はネットスーパーのアマゾンフレッシュでナマモノ系は購入しているので、基本は

 

 

 

 

『ミニバスケット KM826』

 

+

 

ミレスト ポケッタブル2WAY バックパック』(万一荷物増えた時用)

 

 

 

 

の構成で、荷物対策をしています。

 

 

 

 

 

 

 

●ちょっと多めの荷物にも対応可能!『オーバルバスケットKF082』

 

 

先に紹介した『ミニバスケット KM826』より、一回り二回り大きいサイズがこちら。

スーパーの買い物袋でよくあるLサイズの荷物が、ギリギリ入る大きさなので、週一回の野菜に肉・魚の買い出しのときは、こちらをめちゃくちゃ使っていました。

 

 

『RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)  オーバルバスケットKF082』

 

created by Rinker
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
¥4,950 (2022/12/06 17:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

『ミニバスケット KM826』と同様、背面のアダプター部分は、上下に調整可能。

 

 

 

 

 

 

当ブログでおなじみの、箱テッシュとの比較画像。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ミニバスケット KM826』と比べて、テッシュの入り方に余裕がありますね。

 

 

 

 

 

 

『ミニバスケット KM826』を『オーバルバスケットKF082』のなかに入れてみました。

こうしてみると、大きさの差がよくわかります。デカイ…

 

 

 

 

 

14インチの折りたたみ自転車での積載量は、パーツ自体の耐荷重もあるので、そもそもそんなに重いものをガンガンには積めません。

車体のサイズ的にも、ダホンのダヴシリーズだと、『オーバルバスケットKF082』が横幅的にも、荷物にハンドルがとられないといった意味でも、設置できる最大のカゴかな、と個人的に使っていて思います。

 

 

 

 

 

 

●さいごに

 

リクセンカウルのクリックフィックス式のアタッチメントに対応している自転車の前カゴは他にもいろいろあります。

 

わたしが『ミニバスケット KM826』『オーバルバスケットKF082』とふたつとも、黒いバスケットシリーズにしたのは、

 

 

 

かごのメッシュの目が細かい。

そのため、物が隙間から落ちにくい。

 

 

カゴ側のアタッチメントの上下位置の調整がしやすい。

 

 

カゴのアダプターパーツがある分、しっかりカゴ側と車体側のアタッチメント同士が噛み合うため、走行中のカチャカチャ音が少ない(口コミより)

 

 

水でバシャバシャ洗える

 

 

 

が、選んだ理由ですね。

ちなみに、上記のカゴは2種類とも把手が付いているのですが、走行中、カチャカチャぶつかってしまうので、把手は外して使っています。

 

 

ちなみに、籐籠タイプのリクセンカウルのカゴもあるんですよ!

なかなかカントリーな感じでおしゃれですよね!

 

まあ、自分のキャラじゃないよねそうだよねー…

ハハ、ハ… って感じで、使い勝手以前の問題で選択肢からはずしましたけどね…

 

 

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) ミニラタンバスケット KF826
created by Rinker
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)

 

 

 

と、普段の生活のなかで使っている自転車カゴを、今回はご紹介しました。

もう、リクセンカウルのカゴなしでは乗らないレベルで、カゴはつけっぱなしになっています。

 

 

わたしの使っているDoveUno以外のK3,DovePlusでも、サイズ感などは参考になると思いますし、カゴをつけると日常使いにとても便利ですよ!

特に今年の2021モデルは14インチタイプでも、リクセンカウルのアタッチメントをつけられるアダプターが付いているので、そのまま、同じように導入できると思います。

^_^ b

 

 

 

created by Rinker
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
¥5,461 (2022/12/06 17:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

created by Rinker
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
¥4,950 (2022/12/06 17:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

こんばんは!

最近は、いかに自転車ライフを快適にするかをあれこれ考えている、ぼっちトラベラー・mikoです。

 

 

 

わたしの愛用している自転車は、DAHONのDove Uno。

現行だとダブプラスや変速がついたK3と同じタイヤが14インチサイズの折りたたみ自転車です。

 

 

 

 

 

 

折りたたみ自転車だとたいていそうですが、買い物に便利なカゴなどはついていません。

また、リアキャリアもなかなか合うサイズがないため、折りたたみ機能を使える状態のまま、荷物を積めるようにするのは、工夫とアイデアが必要です。

 

 

手っ取り早く、カゴのない自転車で荷物を運ぶ手段としては、リュックタイプのバックを使うことでしょう。

 

 

そこで、先日、自転車で出かけた時用に、ポケッタブルタイプの2WAYリュックを買ったのですが、これが思った以上に良い買い物でした!

 

 

 

お品は『ミレスト ポケッタブル 2WAYバックパック』

 

 

 

 

 

 

↑の商品ページを見てもらうとわかるのですが、肩がけトートにも、リュックにもなり、折りたたんで小さくできるスグレモノ。

 

 

 

 

 

"ミレストMILESTO"といえば、旅先で使う際に便利なようによく工夫をこらした製品シリーズを出すことで有名です。

旅行好きさんにはおなじみのブランド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面はごくごく普通のおおきめポケット。

地図やタオルを入れるのに便利。

 

 

 

 

 

 

 

 

メインの収納部のファスナーは、南京錠(別売り)を付けられるようになっているので、旅先でも安心。

鍵かけられるバッグの安心感(油断し過ぎはダメですが)は異常…。

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろ側にリュックひも。

幅が広いので、肩の負担が軽減。

 

 

 

 

 

 

 

リュックの持ち手側のポケットらしきものは、上の辺、下の辺ともにマジックテープ状になっているので、簡単なポケット(とはいえ、あくまでマジックテープによる仮止めなので、入れるとしてもタオルやハンカチくらいですが・汗)にも、スーツケース利用時には、キャリーのハンドルに通せるようになるというアイデア!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケッタブルバッグなので、小さく折り畳む場合は、バッグ内側に、畳んだ部分をいれるためのポーチ状ポケットがあります。

よく、入れるためのポーチを失くすワタシのための工夫としか思えない。

(なくすな)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テキトーかつ、いい加減にモリモリ入れようとしても…

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか収まるフトコロの深さよ…!

 

 

 

 

 

 

 

布地もしっかりしていて、ポケッタブルタイプのリュックにありがちなペラペラくしゃくしゃ感がありません。

撥水性がありそうな生地ではありますが、防水性についての明記はなかったので、わたしは、防水スプレーを使い始めにかけました。

 

 

 

たっぷり入る大きさといい、肩がけできる長さのトートにも、自転車のときに便利なリュックにもなる便利なバッグですが、ひとつ、デメリットが。

 

 

 

 

 

折りたたんだときのサイズがちょっとばかり、かさばりがち。

 

 

 

 

 

 

 

スコッティの300組タイプの箱テッシュと、ボリューミーさを競いがち。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、トートにもリュックにもできるのと、生地の頑丈さから、多少かさばっても、自転車利用時のみならず、普段からエコバッグとして持ち歩くほどお気に入りになりました。

 

 

これは旅行用にもう1個ほしいぞ…!

 

 

折りたたみ自転車やミニベロ(小径車)、マウンテンバイク(MTB)などを普段使いしている人には、たとえカゴやリアキャリアが付いていたとしても、荷物が増えた時の保険としても使える、ミレストのポケッタブル2WAYバッグ。

これ、おすすめです!

 

 

 

 

 

 

こんばんは!

やっと!やっと!!!

少しずつ朝夕が過ごしやすくなってきて、心は狂喜乱舞しているぼっちトラベラー・mikoです。

 

 

 

自転車初心者なので、もう少し涼しくなって、運動しやすい季節になったら、

(&新型コロナの感染状況がこのまま落ち着いてくれれば)

近場で自転車旅を目論んでおります。

 

 

自転車をメインとした旅だと、かなり感染対策に即した旅にできそうと前々から思っていたんですよ。

ましてや、ロードバイクではなく、ポタリング仕様のミニベロあたりなら余計に。

 

 

そのために、ポタリング・サイクリングに最適な自転車グッズをちまちま集めております。

 

 

 

 

本日はスマートフォンフォルダーのおはなし。

 

 

 

 

 

 

 

近所の買い物や用事で使う際は全く必要ないのですが、ちょっと遠出したポタリングや旅先での利用だと、土地勘がないので、スマホのグーグルマップによるナビは必須。

よって、スマートフォンフォルダーも必須。

 

 

そのため、下の条件をクリアするスマートフォンフォルダーを探しました。

 

 

 

 

●ガッチリつかんで安定感抜群。

 

●iPhone6s・iPhoneXs MAXにも対応。

 

●工具無しでつけ外しできる。

 

●DAHON Daveシリーズのハンドル径に対応している。

 

 

 

 

●ガッチリつかんで安定感抜群。

 

一応『ミノウラのスマホフォルダーiH-220』は自転車用なのですが、ディトナ製のスマートフォンフォルダーというのがバイク業界では有名。

そして、そのディトナ製はミノウラのOEMだそうで…。

実際、ミノウラのスマホホルダーをバイクに使っている人もいるぐらい、安定感抜群でした。

 

 

 

 

 

スマートフォンそのものをガッチリおさえてくれているのですが、ダメ押しとばかりについているシリコン的なゴムが、更なる安心感を提供してくれます…!

 

 

先日、試しに最寄り駅まで自転車に乗った際に、このスマホホルダー使ったのですが、若干頼りない見た目と裏腹に、めちゃくちゃガッチリおさえてくれてました。

結構、街路樹の根っこがうねうねしている道が多くて、路面上状態は街なかとはいえ、あまり良くないにも関わらず、です。

 

 

 

 

●iPhone6s・iPhoneXs MAXにも対応。

 

さすがに万一吹っ飛んだ時が怖いので、ナビ用・マップアプリ用には、旧型のiPhone6sを写真では付けましたが、付属のパーツで抑える部品を組み替えれば、iPhoneXs MAXにも対応できます。

 

 

リング付きのケースなど、厚みがあるケースを付けている時は、ホールド力が心配なので、シンプルなケースに付け替えたほうが安定するとは思いますが、手持ちのスマートフォン、どちらも使えるのはポイント高し!です。

 

 

 

 

 

●工具無しでつけ外しできる。

 

コレの点をクリアしてくれてるのがミノウラのiH-220シリーズだったんですよぉおおおお!!!!

この条件クリアが、今回、購入した大きな決め手でした。

 

 

ミノウラのiH-220シリーズのスマートフォンフォルダーは、ハンドルの部分と、スマホホルダーのマウント部分がクイック仕様で、工具ナシで、ワンタッチで取り外しができるんです!

 

 

 

 

 

道具無しでシメられる様子が…

 

 

 

 

 

 

 

おわかりいただけるだろうか…

(わかりづらくてスミマセン…)

なお、手前の透明の滑り止めはとても大事なので、なくさないように気をつけてネ!

※ハンドルに付ける時に、滑り止めシートを巻いた上でホルダーを固定すると、自転車のハンドルに傷がつきにくく、安定感も増します。

 

 

 

なので、ちょっと止めておいて、お店の中に入る時にもスマホホルダーごと、取り外しができますし、ハンドル径さえ一致していれば、レンタサイクルや他の自転車にも利用できるというのは、とても大きい。

特に旅先でレンタサイクルがあることがわかっている時は、念の為、荷物に入れておきたいレベルです。

 

 

また、屋外に自転車を停めている場合は、このスマホホルダーだけははずして室内保管しておけば、プラスチックやシリコンゴムの劣化を防げますよ。

 

 

 

 

●DAHON Doveシリーズのハンドル径に対応している。

 

まあ、これは完全に自分の自転車の問題なのですけれど…。

わたしの相棒は以前もご紹介した、折り畳み自転車の大御所DAHONダホン社のDove Unoちゃん。

 

 

 

14インチタイヤで、折りたたむとギリギリ、駅の中型ロッカーに入るサイズ。

かつ8キロ台の自転車。

変速機能がない、シングルスピードの自転車です。

 

 

もう型落ちでこの子は売っていないんですが、ダヴウノを叩き台にしたDAHON Dove Plusや、三段変速付きのDAHON k3は、現在も人気車種。

特にk3は、一部界隈では大人気で若干嫉妬を覚えるレベル…。

 

 

 

 

 

ダホン ダヴシリーズのこれらの車種のハンドル径は共通で、22.2mm。

ミノウラのスマホフォルダーiH-220-Sは、対応径が22mm~29mm。

ちなみにMの対応ハンドル径は28mm~35mmなので、ご自身の車種のハンドル径、要確認です!

 

 

スマホのサイズはかなり融通がきく本製品ですが、ハンドル径は対応外だと、ほぼほぼ使えないと思います…(汗)

 

 

 

 

さて、わたしの考えるスマホホルダーの条件を難なくクリアしてくれたミノウラのスマホホルダーですが、デメリット部分もあります。

 

 

 

 

 

 

●最初は工具が必要

 

届いて最初に自転車に付けられるようにする際には、六角レンチ(付属してます)・プラスドライバー(付属していないので別途用意する必要あり)の工具が必要になります。

 

 

また、スマートフォンの機種を変える場合も、工具を使って調整が必要。

 

 

最初の調整さえ済んでしまえば、あとは工具なしでいけるんですが、ちょっと面倒な点ではありました。

 

 

 

 

 

●スマホフォルダーの付け外しに慣れが必要

 

まあ、これも他のスマホホルダーも同様とは思うのですが、慣れるまで、自転車に取り付けるのにもたつきます。

少なくとも、わたしはもたつきました… わたしだけかこんなん?

 

旅行先や遠出した出先でいきなり使おうとせず、近場で何回か練習してから使うことをオススメします。

数回使えば、コツがわかるので、大丈夫だと思うんですけれどね…

 

 

 

 

●オープンなので防水性は皆無

 

 

残暑らしい青空&雲が、スマホ画面にしっかり映り込むくらい、オープンみあふれる装着感。

 

 

 

スマホホルダー単体では、ご覧のように、めっちゃオープンなので、防水性はありません。

ただ、防水性のあるスマホホルダーというかバッグのようなタイプのホルダーだと、暑い季節はスマホが熱暴走で落ちる、という情報があったので、防水性と熱の放散性のトレードオフだと思っています。

 

GPS代わりとして使おうと思っているiPhone6sは防水性のないスマートフォンなので、スマホケースをスリムな防水タイプにして対応しようかと思案中です。

 

 

 

 

新型コロナ感染症がひろがる前から、折りたたみ自転車を旅先の足にしたいなぁと思って購入したDAHONの自転車。

結局、いまだ旅先に持ち出す機会を逃していますが、感染症対策しつつの旅が求められている今こそ、活用するべきじゃない!? と、最近、前のめりなワタクシです(笑)

 

 

感染症にまけず、上手に旅を楽しみたいスキルをあげていきましょう!

^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、荷物運び用にリクセンカウルのカゴも装着済。

 

 

今(~2020年)のダブプラスとk3には、アタッチメント用のダボ穴がないので、そこは旧型ウノちゃんのメリットです。

 

 

ホームPage 1 / 212